読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金のこと

f:id:aday_11:20161108223521j:plain

 

元銀行員。元ファイナンシャルプランナーだから…

というわけではないと思うのですが、お金のネタは好きです。

 

よく「日経ウーマン」や「サンキュ」という雑誌で、

1000万円貯める秘訣!などの特集を目にしますが、そういうのを読むのが好きです。

「あ~この人はこういうところを節約するんだなぁ…」とか、

「この人はここは絞っているけれど、このお金は人より使っているなぁ」とか

観察して自分と比較したりしています。

写真のこの手の本も立ち読みして気になると買ってきます。 

 

お金のはなしって面と向かって語ることがないので、雑誌などで知れるのは面白いです。

 

無職の独身女子のわたしのお金の使い方については、のちのち語るとして…

 

お金に対する考え方って時代とともにも変わりますけど、

やっぱり人それぞれですよね。

 

最近は ミニマリストという言葉が注目を集めていますね。

わたしも最初は衝撃を受けました。なんて自分は持ちすぎていたんだ…と。

断捨離をし、特に着ない服や、宝物のように置いていたけどなかなか読まない本なんかはフリマアプリを使って売って。

自分はミニマリストを目指そう!と思っていました。

 

でも、

なーんか違う??

と思うことがちょいちょいあったんです。

 

物がなくて、掃除がしやすい。

物がないから選りすぐったものをより愛せる。

 

それはとーーーーっても分かります。

でもたまに 部屋の中の ぐちゃっ。 としたちょっとした部分があると

何か落ち着くなぁとか思ったりしていまいます。

 

たぶんミニマリストにならなくちゃ!とかプレッシャーに感じてしまうんですね。

 

なので、やっぱり大好きな本なんかはあまり厳選できず買ってしまいますし、

欲しいものは欲しいと思ってしまうこともよくあります。

ただ、ちゃんと欲しいと思ったものは 「買った後どう使う?」「あると生活がキラキラするか?」と自分に問いかけるようにしています。

 

ミニマリストは無理ですけれど、

節約節約!!の日々も無理ですけど、

出すところ絞るところをちゃんと考えて、お金は使うこともしますし、

新しい自分を発見できるような使い方をしたいなって思っています。

 

ただ、無駄遣いはしたくないなぁ…と思っているので家計簿は頑張りたい。

同棲を始めるのでその管理口座について記してみます。

やっぱりお金を大切に使うという意味では、お金の使い道を知っている。というのが大事かな~と思っています。

 

限定カバーつき 羽仁もと子案家計簿 2017年版
 
家計当座帳 2017年版

家計当座帳 2017年版

 

 

sato。